融資を受けた時、返済自体をする時には利率を上乗せした返済になるのは知っていると思います。金融会社は利益を狙いとした業者なのですから当たり前です。ですが返金する方は、少しでも少なく払いたいというのが本当の気持ちでしょう。利息制限法が定められる前は年率30%近い金利を支払わされてましたが、施行後は高くても年間18%位ととっても低く定められていますので、随分お得になったと思います。最近のキャッシングの利率枠は4%位から18%位の枠が設けられていて、使用可能額により決められます。使用可能額は借り主の信用によって決定します。総量制限により年の収入の1/3までと指定されいますので、収入がどれほどあるのか?どういった職業についているのか?カードの利用状態はどうなのか?等が確認され貸付可能金額としてクレジットカードの内容が決まります。カードキャッシングの場合使用可能額が10万円〜800万円(各会社で内容は同じではありません)と広い幅があります。そしてその幅の中で定めた利用できる額により金利も決まるはずです。50万円なら年間18%、300万円なら年率12%、800万円なら年率4%といった具合になります。いわば、与信が良ければ、与信限度額も上がり、金利も低くなるというわけです。このことに疑念を受けるのは私しだけでしょうか?金融会社にとって、それらの事実は問題がない事なのかもしれませんが、年収の多い人がお金の借入れが必要と考えずらいですし、もしキャッシングしたケースでも利率が多かろうが少なかろうがお金の返済に苦労する事はないと思います。反対に一年の収入良くない人は直ぐにお金が必要だから融資を受ける方がいて、金利が悪いとお金の支払いに悩むなるはずです。ですので利用可能幅の少ない人にこそ低利子で使えるようにすべきです。この見方は利用する視点からの考えとなります。この事実を念頭に置くと、金利を少なくする為にはどのようにすれば良いのかぼんやりと気付いたはずです。事実、これから述べる方法で、申請する人がたくさんいるので知らせますと、キャッシングの申し込みをする時に、年の収入の1/3ぎりぎりの金額まで申込みの手続きをするのです。年収450万円なら150万円。年収600万円なら200万円。申込みのキャッシング審査で申し込んだ満額通ればその分利息が低いカードを手にすることができると思います。と言って限度額ギリギリまで使わなければならないわけでもないのです。1万円でも50万円でも必要な金額だけ利用ができます。さらに利用限度可能額が300万円で最低利子7%位のローン会社も有りますので、その業者に手続きを申し込めばその企業の最低利子で使用できるようになります。どう思いましたか?考え方を変えるだけで低利率のキャッシングできるカードを手に入れることが出来るようになります。自身の収入とローン業者の利率を比較し、考える事さえ怠らなければ、より満足できる状況でお金の借入れができるので、しっかり調査するようにしましょう。